基本理念

株式会社フジムラは、昭和55年設立以来、総合解体業を通じて地域に根ざした企業活動を行いながら「妻や子が一つの願い父の無事」のスローガンをモットーに、常に初心を忘れることなく全社員一丸となって安全でより活気に満ちた解体業の道を究めるとともに、地球環境保全及び汚染の予防に積極的に取り組み、「豊かな自然と住みやすい社会の創造」に日々努力して参ります。

 

 

ご挨拶

株式会社フジムラは昭和52年の創業以来、常に安全・信頼・環境配慮をコンセプトに解体工事を行って参りました。
日々変貌する近代都市の出現にあたっては、老朽化した建築物・構造物等の解体作業が必要です。私達解体業者は、都市開発・再開発事業から切り離すことの出来ない重要な役割を担っております。
弊社は解体工法の近代化・安全対策・技術革新・公害防除・建設副産物の適正処分などの徹底に努めており、特にビジネスコンプライアンスへの取り組みにあたっては、関係官公庁とも緊密に連携し、法令の遵守と活用に努めております。さらに環境マネジメントシステムの導入には、ISO14001:2015、ISO45001:2018を取得することによって、よりグローバルな企業へと飛躍をしております。
このように日頃より積み重ねてきた努力・経験・実績が着実に評価していただけるようになり、解体業のプロフェッショナルとして業界の次世代をリードしていく存在として注目されております。私たち株式会社フジムラは、決して商いにこだわることなく、品質、安全管理、技術力、財務内容で日本一の解体工事専門業者を目指します。また、解体業において最も重要な安全対策には、創業者・藤村洋輔の想いを込めた「妻や子が一つの願い父の無事」が創業以来現社員一人ひとりに引き継がれており、日々安全作業を心掛けて施工しております。

 

代表取締役 会長  藤村 一人
代表取締役 社長  藤村 直人