より良い環境作りに積極的に取り組んでいます

環境マネジメントシステム ISO14001:2015
労働安全衛生マネジメントシステム ISO45001:2018

 

私たちの全ての企業活動は基本理念に基づくものとし、その具現化に向けて全社一丸となって邁進致します。

【基本理念】
 株式会社フジムラは、昭和52年創立以来、総合解体工事業・土木工事業などを通じて地域に根ざした企業活動を行いながら、”妻や子が一つの願い父の無事”の初心を忘れることなく全社員一丸となって安全でより一層活気に満ちた解体業の道を究めるとともに、地球環境保全及び汚染の予防に積極的に取組み、”豊かな自然と住みやすい社会の創造”に日々努力して参ります。

【行動指針】
 トップマネジメントは、自らが所掌する、環境・労働安全衛生マネジメントシステムに関わる活動の全てについて、環境方針、労働安全衛生方針に従い、リーダーシップを発揮致します。自らの役割としてリーダーシップを発揮する事項について、組織内メンバーに分かりやすく、目に見える形でコミットメント(意思表示)を行います。具体的には、下記の要求事項を満たす労働安全衛生方針、環境方針の確立、実施、維持。トップマネジメントは、意図した成果の達成(環境/安全パフォーマンスの向上、順守義務を満たすこと、環境/安全目標の達成)のため、組織の目的を考慮に入れて、戦略レベル(経営レベル)でのコミットメント(意思表示)を実施致します。

 

「労働安全衛生方針」

  1. 労働に関係する負傷及び疾病を防止するために、安全で健康的な労働条件を提供するコミットメントを含み、組織の目的、規模及び状況に対して、また、労働安全衛生リスク及び労働安全衛生機会の固有の性質に対して適切である。
  2. 労働安全衛生目標の設定のための枠組みを示す。
  3. 法的要求事項及びその他の要求事項を満たすことへのコミットメントを含む。
  4. 危険源を除去し、労働衛生リスクを低減するコミットメントを含む。
  5. 労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善へのコミットメントを含む。
  6. 働く人の協議及び参加へのコミットメントを含む。

 

「環境方針」

  1. 組織の目的、並びに組織の活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響
    を含む組織の状況に対して適切である。
  2. 環境目標の設定のための枠組みを示す。
  3. 汚染の予防、及び組織の状況に関連するその他の固有なコミットメントを含む、環境保護に対するコミットメントを含む。注) 環境保護に対するその他の固有なコミットメントには、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護を含み得る。
  4. 組織の順守義務を満たすことへのコミットメントを含む。
  5. 環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的改善へのコミットメントを含む。

 

「労働安全衛生方針、 環境方針は次の事項を満たします」
   -文書化した情報として利用可能である
     -組織内に伝達される
   -必要に応じて、利害関係者が入手可能である

環境マネジメントシステム

労働安全衛生マネジメントシステム


ISO維持審査

維持審査の模様

作成書類

ISO14001:2015、ISO45001:2018には、毎年維持審査があります。
各部署・各現場への立会い審査、担当者とのディスカッション、膨大な資料との照らし合わせにより安全衛生計画・環境方針が実施され、且つ維持されているかを厳しくチェックされます。

 

現場視察の様子

現場内のKYK・安全パトロール実施状況の確認はもちろん、周辺への安全と環境への配慮に関しても厳しくチェックされます。

ISO14001:2015、ISO45001:2018を取得したことにより、コスト削減や省エネ機械の導入など、安全・環境への対策を社員一人ひとりが自主的に進められるようになりました。毎年、翌年度の維持審査に向け新たな目標を立て、継続改善を続けております。

.

.

.

.

 

海外視察の様子

弊社は、解体業界の中で日本で一番最初にOHSAS(労働安全衛生マネジメントシステム)を導入致しました。また、解体業界に先駆け、ISO(環境マネジメントシステム)も導入し、社会に貢献出来る企業を目指して参りました。

弊社は、欧州を中心として、特に環境先進国であるドイツの企業 KIESEL(キーゼル社)、COREUM(コリウム)、AWR社(アバウ社) 等との交流を定期的に行っており、環境・労働安全衛生マネジメントシステムについて情報交換を行っております。

私たちフジムラは、世界一安全を意識し、安全の向上に努めていきます。今後も更なるグローバル企業へと躍進していきます。

.

.

.

.